はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

脱ブラック企業をして得たもの

こんにちわ。

はんすぷらいふ管理人のあおぬりえです。

 

皆さんは、どんな会社がブラック企業だと思いますか?

 

サービス残業がある

・給料が安い

・いじめがある

 

こんな点が最も思いつくかと思います。

ただ、実際に理想全てをパーフェクトに叶えるホワイト企業と出会うことは、

なかなか難しいのではないでしょうか。

仕事への理想は個人個人で違いますしね。

 

 

私が考えるブラック企業

「この会社にいると気持ちが真っ黒に染まってしまう」

という状態に陥ってしまう会社は、ブラック企業だと思います。

今回はブラック企業を脱出する一歩の踏み出し方についてご紹介致します。

     f:id:hansplife:20190922112303p:plain

       https://www.linustock.com/

 

 

ブラック企業との出会い

私は学校を卒業して保育士の資格を取り、保育園で新社会人生活を迎えました。

 

サービス残業がある

・給料が安い

・いじめがある

上でも挙げた3点を、見事に満たす職場でした。

 

だけど、やりがいはあった。

子どもは可愛くて、成長を実感できて、保護者からも感謝される。

この喜びを感じられる仕事はなかなか無いと思います。

 

 

 

訪れる限界

最終的に3年間働きましたが、沸き起こる負の感情を抑えられませんでした。

 

・貯金が全くできない

・休みがない

・いじめを見過ごしたくない

 

一番しんどかったのがこの3点です。

 

・貯金が全くできない

給料が安く、経費がほぼ出ないことから仕事に回すお金もかなりかかりました。

こういった理由から貯金がほぼできず、純粋に将来への不安を感じました。

社会人として自立して、経済面で親孝行をしたいと思うのは普通のことだと思います。

 

・休みがない

また、私には大切にしている趣味があり、

休みの日もその活動をすることが生きがいでした。

しかし、休日は仕事の研修が毎週のように入ります。

時間内に終わらない仕事を持ち帰って行うことも日常茶飯事。

生きがいを、仕事のせいにして諦めていいのか葛藤の毎日でした。

 

・いじめを見過ごしたくない

職場内でのいじめは、本当に辛いものでした。

自分がうまく回避できても、別の人がターゲットになります。

助けてあげられたらどんなに良かったか。

私は本当に弱い人間で、どうしても恐くて、見過ごす日々が続いてしまいました。

 

 

勇気の一歩

初めての転職で1番の難関は、在籍している職場への退職申し出でした。

恐くて恐くてたまらなかった。

3月の年度末で退職するには、10月に申し出るのがその職場の決まりでした。

退職を申し出てからの5ヶ月、無事に生きていけるのか、

なんて不安も募っていました(笑)

 

結論から言うと、退職を申し出ても死ぬことはありませんでした。

多少なりとも残念がられましたが、正直な思いを伝えたところ、

これからの歩みを応援までされました。

 

実際には、ここからが転職の本当の頑張りどころとなっていきます。

私はこの後、次に決めて就職した会社が失敗ともなりましたが・・・

 

ただ、日々の心の真っ黒だった思いは、すっと解消されていきました。

未来への希望が持てましたし、新しい挑戦へワクワクする気持ちも芽生えていました。

 

 ブラック企業を脱出して

     f:id:hansplife:20190922112441p:plain

      https://www.linustock.com/

今の会社に持つ不満は、従業員として声を上げて、変えられることもあるかもしれません。

また、新しい会社で必ずしも成功するとは限りません。

 

でも、今の会社を辞めていいんです。

今抱いているもやもやした思いを解放することができます。

他の道はたくさんあります。

新たな道に進むことで、未来を望むことができます。

 

転職することで、少なからずとも行動力が培われ、人生への勇気が持てます。

 

私自身、過去に転職を経験したことで、挑戦する気持ちや適応力もつき、

新しいことを学ぶ楽しさも覚えました。

転職活動を考えるとウキウキします。

また、違う業界だとしても、経験したことは何かしら活かすことができます。

 

 

目に留まった方へのきっかけになりたいと思い書いた記事でしたが、

なんだか過去の自分へ送る言葉のようになってしまいました。。。

 

今を悩んでいる方、これを読んで考えるものがある方、是非勇気を持ってください。

一歩はいつでも踏み出すことができます。