はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

失業保険がもらえる方法

前回は転職時の強みとなる自分の武器を磨くことについて書きました。

www.hansplife.work

 

転職時には自分自身の心も強くし、勇気を持ってその一歩を踏み出すことが大切だとこれまでにもお伝えしてきました。

 

ただ、ノウハウと気持ちを高めるだけではやっていけません。

何事を行うにも、日々食べて暮らしていかなくてはなりません。

その際に絶対に必要となるのがお金です。

 

その生活を支えてくれる雇用保険(失業保険)の受給についてご紹介します。

      f:id:hansplife:20190922105737p:plain

        https://www.linustock.com/

 

 

転職にもお金がかかる

 

在職中に次の仕事を決めてしまい、退職後すぐに新しい仕事を始めれば心配はありません。

しかし、在職中は日々の仕事に追われ、面接を受けたくても簡単に休みを作ることも難しい方がたくさんだと思います。

 

私が過去に7回転職した際に、切れ目なく次の仕事に就くことができたのは2回だけでした。

わりとすぐに決めることができたと思っても、全く合わずすぐに退職、なんてこともありました。

 

それでも路頭に迷わず生きてこれたのは、雇用保険のおかげです。

 

 

雇用保険がもらえる仕組み

 

仕事をしていると、ほとんどの方が雇用保険に入っています。

臨時内職的に就労する方は被保険者とはなりません

この雇用保険料を毎月納めることで、失業した際に「失業手当」としてお金がもらえます。

 

ただし、失業した際にこの手当をもらうには一定の条件があります。

  • 退職日より過去2年間のうち、雇用保険に1年加入している
  • 失業中であるが就職する意思があり、求職活動を行っている

 

上記が条件となるため、アルバイトだとしても、仕事をすぐにされた方に受給条件はありません。

 

 

失業手当を受給するために必要なもの

 

失業後は勝手にお金がもらえるというわけではなく、所定の手続きをハローワークで行う必要があります。

その際に必要な持ち物が以下です。

  • 雇用保険被保険者離職票(退職後に会社が発行するものです)
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカードや個人番号記載のある住民票)
  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 証明写真2枚(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳又はキャッシュカード

この中でやっかいなものが、退職時に会社が発行する離職票です。

退職手続き時にもらえれば、とは思いますが、退職日までの賃金を記載する必要があるため、退職後にしか発行してもらえないんです。

 

そのため、退職前には「離職票が必要のため、自宅へ郵送してほしい」と会社へ伝えておいたほうが絶対いいです。

この離職票、退職時に会社が自動的に発行してくれるとは限りませんので、必ず必要な旨を伝えるようにしましょう。

 

いつ手当が支給されるのか

 

一番気になるのは、実際にいつお金が手に入るかですよね。

まず、誰しもが退職後7日間の待期期間があります。

この間に手当の支給はありません。

 

その後の支給開始期間は、退職の理由により大きく変わってきます。

 

  • 自己都合で退職した場合

文字のごとく、自身の都合のみで退職した場合を指します。

その場合は、待期期間後3か月は手当を受け取ることができません。

 

  • 特定の理由によって退職した場合

この特定の理由というのは、ハローワークが定めた特定の理由です。

例えば、会社の都合により退職せざるをえなくなった方や、結婚に伴って転居があり、やむをえなく退職した方。また、契約社員の方が契約更新せず退職となった場合も含まれます。

この他にも細かく理由の設定はありますので、参考にこちらをどうぞ。

ハローワークインターネットサービス - 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要

 

この特定の理由に当てはまった場合は、待期期間後すぐの支給となっていきます。

 

 

転職時にはお金の見通しを立てることが大事

     f:id:hansplife:20190922110521p:plain

       https://www.linustock.com/

以上のことから、失業手当は簡単にもらえるというわけではありません。

しかし、焦って転職先を決めてしまうと、せっかくの新しい挑戦が満足のいくものに繋がらないことも出てきてしまいます。

 

また、せっかく会社を辞めて時間ができたのならば、転職活動だけでなく、やりたかったことをやってみるという貴重な時間にも是非充てて頂きたいです。

心にゆとりを持つことが、生活にも転職にも豊かな実りをつけてくれるはずですから。

 

せっかく踏み出した勇気を、更なる希望へ繋げるためにも、是非転職を考える際はお金の見通しを立て、生活に困ることがないようにして頂きたいです。