はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

知らないと損⁈再就職手当

生活するだけでなく、仕事をしていても、お金は様々なことに必要だとよく感じます。

 

前回は、失業した期間の経済面を支えてくれる、

雇用保険の基礎についてご紹介しました。

www.hansplife.work

 

失業手当がもらえる仕組みを理解すると、早く転職すると損に感じてしまう方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんなことはないのでご安心ください。

 

転職時にすぐ仕事が決まると、別の手当を受けることができるんです。

その名が「再就職手当」です。

本日はその再就職手当についてご紹介致します。

     f:id:hansplife:20190922131539p:plain

           https://www.linustock.com/

 

仕事が決まればお金に困らない?

もし再就職手当に興味が湧いたとしても、

「そもそも、仕事がすぐ決まれば給料が貰えるから大丈夫だ」

と、思われるかたもいると思います。

 

確かに、仕事が決まってしまえば、あとは働いて給料日が来るのみ。

でも、転職後すぐに満額の給料が貰えるとは限りません。

 

会社によって給料の締め日も支給日も異なります。

タイミングが悪ければ、まとまった給料が入ることが2ヶ月先になるという事態も充分考えられます。

 

また、新しい仕事を開始すると何かとお金もかかります。

  • 仕事着を揃える

→スーツがパッと思い浮かぶかもしれませんが、会社が指定する服装というのは意外と多いものです。

 倉庫でのピッキング作業などでも、チノパンと指定があったり、フード禁止なんかの指定も聞きます。

  • 仕事に必要な物品を揃える

→会社で支給される物以外として、名刺入れが必要であったり、軍手、メモ帳、スニーカー・・・などなど想像以上に仕事に必要なものが考えられます。

  • 新しい人間関係の構築にかかる交際費

→転職後、新しい会社の計らいとして歓迎会が行われる事もあるでしょうし、同僚や先輩とご飯に行く機会も出てくるものです。

行く行かないはもちろん自由ですが、せっかく「行きたい」と思った時に経済事情で心の余裕がなくなってしまうのはとてももったいないです。

 

ほんの一例とはなりますが、仕事が決まってすぐに頃ほど、お金が必要となる場面はよく出てくるものです。

そんな場面も、再就職手当が入っていれば随分と余裕を持って過ごすことができます。

 

再就職手当がもらえる仕組み

再就職手当にも、条件が定められています。

まず、失業手当と同じ条件がこちら。

  • 退職日より過去2年間のうち、雇用保険に1年加入していること
  • 失業保険受給の手続き後、7日間は待期期間として仕事もせず過ごす

 

それ以外の条件は下記となります。

→この条件は、失業手当を受けることができない3ヶ月という制限がある場合の、最初の1ヶ月のうちと限ります

  • 再就職先で、雇用保険被保険者となり、1年以上の雇用が見込める
  • 再就職先が、退職前の会社とは関係がない
  • 過去3年以内に再就職手当の支給を受けていない
  • 受給資格決定後に再就職の内定が決まること

また、失業手当の受給中、受給期間が3分の1以上残して再就職した場合も再就職手当の支給対象となります。

   

再就職手当をもらうために必要なもの

初めに必要ものは以下となります。

  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者証
  • 採用証明書

この採用証明書に再就職先からサインをしてもらい、ハローワークへ提出します。

そうすると、再就職手当支給申請書が渡されるので、再度再就職先の会社へ提出し、必要事項を記入してもらいます。

その後ハローワークへ提出することで、再就職手当支給のための申請は終了となります。

この申請書提出から1ヶ月程で手当が支給となってくるため、希望する場合は早め早めに手続きを進めましょう。

 

 

就職タイミングを見極めよう

     f:id:hansplife:20190922141238p:plain

        https://www.linustock.com/

以上のことから、再就職手当はタイミングによってもらえるかどうかが変わってきます。

転職するという人生の大事な岐路を安心して過ごすためにも、この制度はぜひうまく活用して頂きたいと思います。

 

ただ一点注意して頂きたいのは、目標を見失わないこと。

転職を考える皆さんの目標はそれぞれですが、

せっかく気になる求人を見つけたのに、待期期間のために応募を見送ったり等と、チャンスを逃すことにならないように気を付けましょう。

 

また、再就職手当はお金を受け取るための申請であるため、新しい会社への申告をためらってしまう方がいるかもしれません。

しかし、この手続きはどこの会社でもあっさりと受け入れてくれます。

なんたって、新しい会社でこれから頑張っていく、という意思の表れでもあるんですから^^☆

もし、少しでもこの記事を読んで頂いた方の参考になれば幸いです。