はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

飲み会を乗り切る方法

昨日の晩ご飯は、鶏むねの照りマヨでした。

あおぬりえです。

 

前回、私自身が学生時代に悩んだ人付き合いについて、葛藤や大切に思うことを書き綴りました。
www.hansplife.work

 

社会に属していると、必ず人付き合いは付いてまわります。

とっても面倒な人付き合い。

でも、どうせなら人付き合いも楽しんでいけば、ラクに日々を過ごすことができます。

 

同じように、誰しも面倒だと思われる会社の飲み会。

この飲み会をどう過ごすか。どう乗り切るか。

今回は私も実践してきた方法をご紹介致します。

     f:id:hansplife:20190926192502p:plain

       https://www.linustock.com/

 

 

幹事役に徹する

 私が最もよく使う手法です。

会社内でまだ下っ端の方だと、幹事をしないといけないことは多いと思います。

幹事と聞くと、更に面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、そうでもありません。

 

実は、これはチャンス!!

 

まず「今日幹事ですから!」

と言っておけば、あまり酔うことができない、と遠回しにアピールできます。

そうすれば、お酌をあまり進められず、飲ませ役だけで終わることもできます。

 

また、コースの段取り確認や、乾杯や締めの挨拶の依頼。

お酒の注文や支払いなど、やった方がいいことはたくさんあります。

 

細々した幹事の仕事は大変かもしれませんが、裏を返せば幹事の仕事に集中しておけばいいのです。

飲み会で話の聞き役に回らず、なんとなくせかせか動いておけば乗り切れ、幹事をやり切れば周りからも感謝されるという乗り切り方です。

 

勝手に盛り上がる

話が長い、しかも自慢話ばかりで相槌に困る。

などなど、話を聞くのも苦痛な上司などが近くにいる場合の対処法として使います。

ただ、この方法は気の許せる相手や同じことを考える相手がいる場合と限ります。

 

飲み会ですので、お酒に酔うのは当たり前。

その酔った風で、話しやすい相手と勝手に盛り上がっておく、という乗り切り方です。

 

なんの話題でも大丈夫。

仕事のことだっていいですし、タピオカの話でもOKです。

 

誰かがすごく盛り上がっていると、その輪には入りづらいものです。

しかも、盛り上がっている相手が酔っているとなおさらです。

どうでもいい話などでゲラゲラ笑っていたら、普通に楽しいですし、話したくない相手は勝手に遠ざかってくれるでしょう。

 

万が一、注目されずに拗ねるような上司であっても、ただの飲み会ですから。

ヨイショしないと、なんて気にする必要はありません。

 

偉い人の側でフリだけ

これは、一人ぼっちになりそうな飲み会の際に使用する私の乗り切り方です。

飲み会で案外しんどいのが、一人ぼっちになること。

 

お酒を苦手とする方などは、その場の雰囲気についていけない、ということもあると思います。

私も、入社したばかりの会社の飲み会で、緊張もあってか全く酔えず、知り合いもまだ全然いないということから一人ぼっちを経験したこともあります。

 

そういう時にその場しのぎで使えるのが、偉い人の側で話を聞くフリをしておくことです。

偉い人に挨拶に行き、そのまま近くに腰をおろします。

だいたい、お偉い方はご自身の話を誰かに聞いてほしいものです。

ふんふん、と聞いておけば満足してくれます。

聞いてくれる人がいると、嬉しくてどんどん話してくれます。

 

特に面白くはないかもしれませんが、相手を喜ばせながらその場を乗り切ることはできます。

また、お偉い方は、話を聞いてくれたあなたに好感を持つでしょう。

その後の仕事の際に、 業務の相談がしやすくなるというメリットも生まれるかもしれません。

実際に私も、お偉い方の話の内容は全く覚えていませんが、その後も名前を憶えてもらって何かと気にかけてもらえる、といった経験があります。

 

真摯に話を聞いてみる

 もし元気があれば、使う乗り切り方です。

楽しい飲み会ではないと思っていても、参加すると小さな実りが生まれることもあったりします。

 

例えば、普段関わりが少ない方や、話しかけづらい方などとも交流を持てやすいのが飲み会です。

フランクな席ですので、この機会に挨拶がてらお話してみるというのも楽しいものだと私は思います。

 

先輩後輩は関係なく、この機会に真摯に相手の話を聞いてみることで、思いもよらず自身の世界が広がったり、仕事への考え方が学べたりということもあるかもしれません。

 

ただ、コミュニケーションを真面目に取ろうとすると、やはり疲れるものなので元気がある時におススメします。

 

最後に

上記に挙げた方法は、私が使う乗り切り方です。

飲み会自体が大切なものかと聞かれれば、全くそうとは思いません。

 

日中、ただでさえ仕事を頑張っているんですから、早く帰って身体を休ませることが最も有意義だと思います。

そのため、飲み会に行かなくてはいけない、とは思わなくて大丈夫ですよ。

断ることは必ずできます。

 

しかし、断りづらい飲み会が世の中にたくさんある、というのは現状だと思います。

そんな時に、この乗り切り方が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

また、他に乗り切り方があれば是非教えて頂きたいと思います^^☆