はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

退職理由となる転職の目的を定める

昨日、長年の付き合いがある大好きな友達に久しぶりに会えました。

 

私の最近の目的は「好きな人との時間を過ごす、会いたい人に会う、行きたい場所に行く」です。

この目的達成が1つ叶ったこと、たくさん笑って話して、有意義な時間を過ごせて本当に良かったです。

 

この達成のために、私はこの春7度目の転職を実行しています。

 

過去にも、私が初めて転職したことをお話ししました。

ブラック企業をして得たことについてご紹介しています。

www.hansplife.work

 

 

これまでに転職を7回経験してきましたが、全てが成功とは言えません。

でも、挫けずここまでこれたのは、その時その時の目的を見失わなかったからです。

 

今回は、転職を行っていく上で最も大切と思える転職の目的について書き綴りたいと思います。

 

     f:id:hansplife:20190929153651p:plain

       https://www.linustock.com/about

 

 

なぜ仕事を辞めたいのか

初めに挙げた私の今の目的。

「こんな些細なことで仕事辞める?」

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、目的は人それぞれです。

 

私はこの春まで、「お金を貯めること、興味がある業界で働くこと」が目的でした。

そしてその目的は無事に果たせております。

 

ただ、目的達成をする過程で、更に得たいものが出てきたというまでです。

仕事だけでは得られない、心を豊かにするための目的でした。

 

目的を周囲に公言する必要はありませんが「仕事を辞めたい」と思う時には、このままでは目の前の目的を達成できそうにないから、という明確な理由に必ず繋がると思います。

 

何を得たいのか

以下は一種の例です。

 

・給料が安いから辞めたい

    →今より高い給料を得たい

・休みが取れないから辞めたい

    →自由に過ごせる時間を得たい

・仕事が辛いから辞めたい

    →やりがいや成長を感じる瞬間を得たい

 

このように、辞めたい理由から、代わりに得たいものが挙げられるはずです。

 

この目的を明確にすることによって、どういった仕事がいいか、どんな会社がいいかという判断をしやすくなります。

 

私自身は、「融通の利くシフト、休日はしっかり休める」といった点が目的達成に必要だという結論に至りました。

 

その前の「お金を貯めること、興味がある業界で働くこと」が目的の際は、はっきりと働きたい業界は定まっており、どのぐらいの給料が欲しいかという点で転職先を決めました。

 

全てがうまく達成できるとは限りませんが、優先すべき目的が定まっていると、転職先で合わないという事態は極力避けることができます。

 

目的はどんどん変わっていい

人生には大きな転機が何度もあります。

分かりやすいところですと、転居や結婚に妊娠、家族の看病や介護などが挙げられます。

 

また、長く生きていると、価値観や考え方が変わることも当たり前です。

そういった中で、1つの会社が臨機応変に対応してくれ、長く勤められている方は本当に幸せになことだと尊敬します。

 

でも、そうできると限らないことが大多数です。

やりたい事が新しく出てくることも、自分の成長だと誇っていい事だとも思います。

 

その時その時の生活によって、目的が変わるのはごく自然なことです。

 

些細なことでも目的設定をしよう

一度きりの人生、後悔なく過ごしたいですよね。

 

私は保育士から初めて転職した後、父がくも膜下出血で倒れました。

倒れてから1ヶ月で他界してしまいましたが、その時頻繁にお見舞いに行けたのは、転職した会社が大規模であったため柔軟にシフト対応してくれたからです。

限られた日中の面会時間しかなかったため、クラス担任を持っていた保育士時代ではなかなか出来たことではありませんでした。

 

この時は初めからあった目的というわけではありませんでしたが、父に一回でも多く会いたいという思いを仕事で犠牲にしなくて本当に良かったと思っています。

 

ちょっと極端な例になってしまいましたが、どんな些細な思いでも、我慢することなく堂々と目的設定をするべきだと思います。

 

その目的を達成できない不満を、会社のせいや生活のせいにせず、変えようとする努力を是非踏み出して頂きたいです。

私も全力で応援します!!!