はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

別の保育園への転職

保育士になりたい方は、就職する前にどんな方針の園か調べて働くと思います。

しかし、保育方針は実際に身をもって毎日に触れていかなくては、自分の考えに本当に合うものかは分かりません。

働いてみた感覚で、自分の考えに合わないため転職をしたいと思うことはごく自然です。

 

今回は、今の保育園で働き続けることに迷っている方へ是非読んで頂きたいと思います。

     f:id:hansplife:20191005210317p:plain

     https://www.linustock.com/

 

 

 

 

同じ保育園はない

一斉保育と自由保育という言葉は、現在よく耳にすると思います。

 

一斉保育とは設定保育とも言われています。

クラスのみんなで一緒に決まった遊びや、生活を行う手法です。

元々この手法が日本では多く使われていますので、今大人の皆さんはなじみ深いと思います。

 

自由保育とは、一斉保育とは対語となり、決まった遊びを行わず、子ども一人一人が自分の意志で好きな遊びを行っていきます。

 

また、保育園は複数の保育士でクラスを持つことが基本となります。

複数の保育士全員がクラスの子ども全員を担任するという手法の他に、クラス内で保育士が決まった子どもを担当するといった手法もあります。

 

同じように見える保育園でも、大まかにこれだけの種類に分かれるんです。

どの保育方法にも良さがあり、どれが一番ということは一概に言えません。

 

合わないと思うこと

お子さんを育てるご家庭が、それぞれ教育方針が違うというのは当たり前ですよね。

お母さんがそれぞれ子どもに願う思いや、託す夢が全く違いますから。

 

それと同じように、既に決まっている保育方針に合わないと思うことは自然なことです。

そのため「今働いている園が合わない」と思う気持ちを我慢する必要はありません。

 

この「合わない」と思うことは、給料や休日の待遇や、人間関係に対して思うことも含みます。

そういったこと全てひっくるめて「働き続けることが辛い」といった気持ちが払拭されないんでしたら、転職をオススメします。

 

辛いと思いながら働くことには何も生まれません。

それよりも、自分が必要とするもの、目的となるものをしっかり見定めて、それに合った保育園へ転職するべきです。

 

別の保育園で働いてみよう

先日の記事で、目的を定めて転職をするススメをご紹介致しました。

www.hansplife.work

 

転職を考える際、むやみに次の就職先を決めてしまうと、同じように辛い気持ちになるということも起こってしまいます。

そういったことにならないよう、目的を明確にして転職することが最も大切だと言えます。

 

・給料や休日の待遇面

・保育方針

・園内環境

・人間関係

 

大きく挙げるとこういった点かと思いますが、考える際はワガママなくらいの理想を挙げましょう。

気持ちに嘘をつかないことが、自己分析にも繋がり、目的に合った転職先を探せます。

 

もちろん、保育方針は言葉だけではなかなか分かりません。

就職を考える際は是非見学をオススメします。

 

見学する事で、実際の保育内容が分かりますし、どんな方々が働いているかといった雰囲気も垣間見れます。

見学を申し出ること自体は、保育園側から見ても「積極性がある」と好意的に取られるのでご安心ください。

 

ミスマッチを防ぐためにも、徹底的に自分の気持ちをさらけだし、その目的に合っている園かをリサーチしましょう。

その上で、働いてみながら合うかどうかの最終判断をするということで問題ないと私は考えます。

 

長く一つの園で働くことは、経験値も上がり、実績となります。

しかし、様々な園で働いた保育士さんは、色んな保育方法を知っていることから柔軟性も高く、アイディアも豊富となります。

 

転職に制限はありませんので、どうしても自分が求めるものと違うと感じた場合は、再度転職することを考えても全く問題ありません。

 

不満を抱え続けて働くより、思い切って別の保育園で働いてみましょう。

 

気を付けておきたいこと

保育園同士の繋がりというのは、想像以上に広いです。

一定の地域の保育園が集まって研修を行うこともあれば、大きな保育大会で県内の保育園が集まるということもあります。

 

そのため、退職した保育園の先生たちと顔を合わせる場が意外とあります。

新しい転職先で気持ちよく働くためには、退職する際に前向きな思いを堂々と伝えることが必要だと思います。

曖昧な状態や、その場しのぎの嘘でごまかしてしまうと、退職した園の先生たちに会った際には気まずいことになってしまいます。

 

違う保育園で働きたいと思うことは悪いことではありません。

でも、今の園で働く先生たちもみんな自分の園に誇りを持っています。

その気持ちを理解した上で、明確な目的を持って転職をしましょう。

 

新しい環境で、さらに楽しく働けることをわたしも願っております^^☆