はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

ペットが亡くなったので会社休みます

ペットは大切な家族

現代では誰しもがそう言います。

ペットを飼っている、飼っていないに関わらず、生き物の命を大切にするというのは当たり前のことと皆んな言うでしょう。

 

しかし、ペットが亡くなった時、あなたは仕事を休みますか?

ペットが亡くなったから休みたいと会社に言えますか?

 

私は、隠さず理由を言って休むことになんの問題もないと考えます。

     f:id:hansplife:20191012215007p:plain

      https://www.linustock.com/

 

 

私の大切な家族

私の実家に10歳になる猫がいます。

その猫との出会いは、知人からの紹介でした。

 

10年前の台風の日、排水溝に流れそうになっていたところを知人が保護してくれました。

しかし、学生でペット不可アパートに住んでいた友人は買い続けることができず飼い主の募集を開始。

 

そこで私と出会います。

家族も猫が大好きなのですぐに話はまとまりました。

 

その猫が、最近元気が無くなってきたんです。

老化も考えられますが、病院の受診結果によると病気の可能性もあるとのこと。

 

やはり悲しくてたまらないです。

 

社会人経験が浅かった頃、仕事が終わって家で泣くことがしばしばありました。

そんな時「みゃーみゃー」と寄り添ってくれたことがあったなー、なんて思い出します。

どんな言葉を話しかけてくれてたのか分からないけど、間違いなく家族として私に寄り添ってくれていました。

 

今は結婚して実家を出たため、毎日顔を見ることはできませんが、なるべく頻繁に帰って愛くるしい顔や体を撫でてあげたい。

 

もし最後の時が来たら

今はまだ大丈夫ですが、もしも最後の時が来たら。

駆けつけて、お別れを言いたいです。

 

人間が亡くなったら当たり前に行うこと。

動物だとしても、してあげたい。

 

また、ただお別れを言うだけでなく、その亡骸をどう供養するかという務めもあります。

その務めを行い、お別れを伝えて気持ちの整理をつけることはとても大切なことだと思います。

 

何と言って仕事を休む?

ただ、家族の忌引き休暇はありますが、家族と言ってもペットの忌引き休暇が取れる企業はなかなかありません。

 

私が以前勤めていた会社で、ペットが亡くなったため休む方はいました。

会社の皆んな自然に受け入れ、お悔やみも伝えていたのを覚えています。

 

こういった時に自然に受け入れる体制はとてもいいな、と思いました。

しかし、実際にはペットが亡くなって休みたいというのを受け入れてくれない会社や、言い出しにくい雰囲気の職場というのもあるかもしれません。

 

もし事前にそうだと分かっていたら、自身の体調不良としての欠勤や、理由を言う必要のない有給休暇を取得する、といった方法もあります。

 

ただやはり、突然のお休みは心配されることもあるので、できればありのままを伝えたいですね。

 

お別れと向き合おう

     f:id:hansplife:20191012215200p:plain

      https://www.linustock.com/

以前、体調不良などで休むことは大切だ、という思いを記事にしました。
www.hansplife.work

この時にもお伝えしましたが、無理をすることは絶対に禁物。

これは、体だけでなく心の回復も含みます。

 

家族を失うということは、精神的ショックも強く、ダメージを受けた心が元気になるまでにも時間がかかります。

その悲しさを現実として受け止めるために、弔いとして、最後のお別れをすることは欠かせないと考えます。

 

動物の命を大切にしようとこれだけ社会が目を向けているのだから、ペットが亡くなって会社を休むということへも、もっと理解が深まることを願います。

 

そして、目の前で元気なペットに会うことができるあなた。

今の時間を大切に、めいっぱい可愛がってあげましょうね。

私も、猫への愛情を惜しむことなくそそいでいきます。