はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

転職は会社の内装/外観も判断材料

働く環境ってとっても大切です。

この環境が合わないと、辞めたいという気持ちに大きく繋がります。

 

このミスマッチを防ぐためにも、私が個人的に大切な判断材料としている項目をご紹介したいと思います。

 

    f:id:hansplife:20191020170100p:plain

     https://www.linustock.com/

 

 

働く環境とは

環境を作るものは、例えばこちら。

  • 人間関係
  • 福利厚生
  • 立地
  • 建物の内装、外観

 

社内の人間関係は、入社してみないとほぼ分かりません。

しかし、この人間関係は、自分自身がどうコミュニケーションを取っていくかで有利に変えることができる項目だと感じます。

 

福利厚生や立地は求人情報からある程度調べがつきますね。

立地は転職先を決める上で一番最初に絞る項目でしょう。

自分の住まいからどのくらいの圏内で働くかは初めに決めた上で求人を探す方が殆どのため、ミスマッチはあまり無いと思います。

 

 

さて、最後に挙げた建物の内装や外観

この点を優先項目とする方は少ないのではないでしょうか。

仕事内容や給料に直結する部分じゃないですからね。

 

でも、毎日大半の時間を過ごす場所をよく見ておかなくて本当に大丈夫ですか?

 

物理的な環境における効果

人によって、心地よいと感じる基準はそれぞれです。

ましてや仕事をする場所なので、心地よさは求めず、集中できる環境を求める方もいるでしょう。

しかし、誰しもが共通する、必要な物理的環境もあります。

 

一番分かりやすいところで言えば、休憩室があるか、という点です。

誰しもがホッと一息つきたい休憩時間。

お昼ご飯と食べたり、コーヒーを飲んだりすることが多い場所です。

 

この休憩室が、必ずしも確保されているとは限りません。

休憩室とは名ばかりの場所があるだけで、実際は機能していないこともあります。

もしくは、休憩室そのものがないこともあるかもしれません。

 

また、天井の高さは仕事への効率にも関わる部分と言われています。

低すぎると圧迫感を感じますし、高すぎると不安感に襲われます。

 

こういった環境によって、仕事の効率が左右されたり、毎日会社へ足を運ぶことが億劫になってしまうと非常にもったいないです。

ただでさえ、周囲に気を使い、日々忙しく過ごす「仕事」という人生に必要な時間。

できるだけストレスを少なく有意義に過ごしたいですよね。

 

私の重要ポイント

私は過去7回転職を経験しました。

この転職は、それぞれ人生の目的を達成するために必要だった回数と言えます。

その内容はこちらの記事でご紹介しました。

www.hansplife.work

 

転職を複数回経験すると、それぞれの会社の雰囲気による印象を持ちます。

その第一印象は、面接で会社に足を運んだ時でしょう。

 

その際に私が気にする点はこちらです。

  • お手洗いが清潔か
  • 照明の明るさ
  • 外観に対する直感

 

すごく抽象的ですね;

ただ、働いていく中で意外と気になる部分なんです。

 

お手洗いの清潔さは男女問わず気にする部分だと思います。

私は、面接時か、それより前に必ずその職場のお手洗いを見学します。笑

ここに嫌悪感を覚えると、かなーりストレス感じるんですよね。

私の中では最重要項目かな。。。

 

照明の明るさについては、不快に感じる職場は少ないかもしれません。

ただ、日光があまりにも入らない雰囲気であると、どんより感が一瞬で伝わります。

そういった場所だと、なんともいやーな感じがするため、できれば避けたいと思ってしまいます。

 

 

さて、外観に対する直感。

これは本当に、その建物へ対する好感が持てるかという個人的な気持ちですね。

 

その会社のビルを朝見たときに、自然と出勤を受け入れることができるか。

なんとなくその建物を好ましく思えるかでこの点が変わってくると私は思っています。

 

 

つまり、できるだけ新しく綺麗なビルだったら何も問題はないんですがね。

 

入社したいかしっかり判断する

転職の失敗は誰しもが繰り返したくありません。

転職回数は人生に関係ないと言い切れますが、とてもパワーを使うものなので、やっぱり大変です。

 

書類選考が通り、面接を迎えると気持ちは興奮します。

しかし、実際にその会社まで足を運んで自分の目で見てもなお、入社したいという判断が間違ったものではないかはしっかりと見極めて頂きたいです。

 

今回はちょっと違った角度からの判断材料としてご紹介致しました。

少しでも、お役に立てれば幸いです^^☆