はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

扶養内に契約変更するも、手続きミス

私、11月から扶養内パートになります。

現在まではフルタイムの契約社員でした。

 

紆余曲折ありまして、本当は退職しようと思ってたんですがね。

幸いにも、パートへの契約変更してもいいと提案されたので、お言葉に甘えることに。

 

 

が、しかし!

初めての扶養内パートのため、仕組みを全く理解しておらず、手続きにミスが生じました…;

 

お読み頂いているあなたがこんなことにならないためにも、私の失敗談をご紹介いたします。

     f:id:hansplife:20191021202439p:plain

      https://www.linustock.com/

 

 

130万円の壁

扶養に入るためには、様々な条件があります。

 

しかし、私はその仕組みを全く理解しないまま契約変更の面談〜手続きをしてしまったんです。

 

ギリギリのところまでは働こうと思ったので、今回は130万円を超えないようにというラインで進めていました。

 

この130万円の壁を超えると、扶養に入れなくなるんですね。

 

 

契約変更の面談時、言われるまま、電卓を叩かれるまま、よく分からず頷いてしまいました。

なんともお恥ずかしい。。。

 

帰宅後気づいたミス

夫も、扶養内に入るにあたっての申請書を持って帰ってきてくれていました。

この申請書を夫と見ながら、私の予想年収を計算して気づきます。

 

「130万円越えるやん??!!」

 

冷や汗が流れる程焦りました。

 

だって、契約書に判押しちゃいましたからね!!

 

肝になったのは交通費でした。

色々なサイトで調べる中、130万円を超えるかどうか計算する時は、

交通費を含めて計算する必要があります。

 

しかし、面談を担当した庶務の方がこの計算を忘れており、私自身も把握しておらず、このような事態が起こりました…。

 

私と会社の間違い箇所

     f:id:hansplife:20191021202533p:plain

      https://www.linustock.com/

 前項に記載したように、

交通費を含めて年収計算をしなかったことがミスでした。

 

まあ、一番の間違いといえば、何も理解していないまま契約書に判を押したことです;

 

この後、この点を庶務へ伝えて、無事に扶養に入れる内容で契約しなおすことができました。

しかい、やっぱり庶務さんの説明はすごく分かりづらくて・・・

 

人のせいにしてはいけないので、これ以上不満は言いません!

ひとえに、私の知識不足、勉強不足がたたったことです。

 

こうなって改めて扶養について調べましたが、かなり難しい。

また、間違った契約書に判を押したことが判明した際は、不安でしょうがなかったです。

 

このようにならないためにも、事前の勉強、準備を必ず行いましょう!

また、契約書などの判を押す際は、必ずしっかりと理解した上でサインしましょう!

分からないところは、何度も聞くべきです!

 

この私の失敗談が、少しでも誰かにお役に立てればうれしいです^^☆