はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

あなたの先輩説明上手?本当に理解できる?

あなたの職場の先輩は、質問した時にきちんと説明してくれますか?

 

質問の回答をよく聞くと、回答をごまかされていませんか?

 

今回は、仕事で分からないことがあった時に困らない術をご紹介致します。

     f:id:hansplife:20191025204402p:plain

      https://www.linustock.com/

 

 

分からないのは当たり前

まず第一に、新人だって中間層だって、仕事で分からないことが出るのは自然なことです。

「分からない…」と壁にぶち当たることがあれば、むしろ成長の証とも言えるでしょう。

 

この分からないことがあった時に、まずはもちろん自分で解決策・回答を調べます。

 

でも、その解答がどうしても出てこないこともあれば、出てきた回答を見ても理解できないことがあります。

そうすると、周囲の同期や先輩に質問することになるでしょう。

 

しかし私は、周囲に質問するのがとても苦手でした

「自分のせいで時間を割くことになるのは申し訳ない」なんて思ってしまうんですね。

 

また、そういった無駄な遠慮があるもんですから、一回聞いて理解できない場合に、聞き返すこともできませんでした。

 

これは、非常に危険です。

 

まず、きちんと理解していないままその後の対応を進めることで、お客様や会社へ迷惑をかける可能性が高くなります。

また「分からない」というモヤモヤは、小さい気持ちだとしても、蓄積されれば大きなストレスになります。

 

こういった悪循環により、自分で自分を追い詰める結果となってしまいます。

 

冒頭にお伝えした通り、

分からないことがあるのは当たり前

 

そのため、分からないことを聞くのにためらったり遠慮しなくていいんです。

それよりも、早く解決して自分のものにしてしまった方が絶対に効率が良いです。

 

理解するまで何度も確認する

一回聞いて理解できないことがあるのも当たり前です。

だって、理解の早さも、要点とする視点も人それぞれですから。

 

私が一番困っていたのは、質問をして先輩が説明してくれる内容が理解できないということでした。

 

一応、一生懸命ふうに教えてくれる先輩の手前、言ってることが分からないという言うのは忍びなかったんですよね。

 

しかし、その分からなかった内容を理解して、自分が後輩に教えることがありました。

その際に初めて、私が先輩から教えてもらっていた内容が不十分であったということを実感したんです。

 

「人に教えられるようになって初めて理解していると言える」

 

色んな場面でこの言葉は耳にしますが、本当だと痛感しました。

この経験を活かし、人に教える際には、まず自分が隅々まで理解することを意識しています。

 

また、周囲から教えてもらった事が、100%正解とは言えないということも認識しました。

そのため、質問して答えてもらったことが分からなければ、必ずもう一度聞くようにしています。

 

もしも、教えてくれる人の話がどうしても腑に落ちなければ、他の人に聞きなおすということも必要ですね。

でも、聞きなおす時はこっそり相談するのをオススメします。

 

何が分からないのか明確にする

ただ、一回教えてもらった時に聞きなおすには注意が必要です。

 

それは、何が分からないのかを明確にして再質問するという点です。

 

もしも、一回教えてもらって、1から10まで全く分からなければしょうがありません。

しかし、本当にその事柄を習得するには、自分がどう受け止めて認識し、どこが分からないのかと返答する必要があります。

そうすることで、教えてくれる先輩も、どこに重点を置くか注意してあなたに合わせて再度教えてくれるでしょう。

 

このように、全部を相手任せにするのではなく、まずは理解する努力が必要となります。

 

まとめ

今回の要点はこちらです。

  1. 分からないことが出るのは自然なことと受け止める
  2. 遠慮せず、分からないことは周囲に質問する
  3. 教えてもらう時は、理解する努力をする
  4. 一回聞いて理解できなければ、不明点を明確にして再質問

 

これらを心得て仕事に向き合えば、あなた自身も楽になります。

また、必ずやってくる「人に教える」という立場になった時にも、相手を困らせることなく教えることができるでしょう。

 

今回のこと踏まえて私が大切だと思うのは、分からない自分を認めることと、周囲に助けてもらうという謙虚さだと思います。

誰しもが目の前のことで精一杯になってしまう社会ですので、持ちつ持たれつの関係で、分からないことを教え合い、カバーし合う環境を作っていっていただきたいです^^☆