はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

営業や保育士はヘアカラーしちゃだめ?

「日本人だから黒髪」

 

この考えって、すっっっごいナンセンス

 

でも、周りからどう思われるか不安だから、安易に髪の色や髪型を変えることができないって気持ちは私にもあります。

また、社会人になるとドレスコード(服装規定)がふわっとしてるところが多いので、髪の毛染めるか迷いませんか?

 

過去に7回転職をして、様々な業界を経験した私がそのお悩みを解決します!

     f:id:hansplife:20191102200158p:plain

      https://www.linustock.com/

 

過去に転職を7回もした理由などについてはこちらをお読みください^^

www.hansplife.work

 

 

カラーの不安を植え付ける教育

ほとんどの学校ではヘアカラー禁止ですね。

 

学校の先生は、生徒たちをコントロールできなくなるのが恐いから校則で縛ってるんだと思います。

頑張って働いてる人を咎める気はないので、校則はしょうがないかもしれない。

 

それに、髪の毛は一生モノとは言い難いので、若いうちに健康な頭皮と毛髪を育てておくべきというのも理解できます。笑

 

しかし、この古くさい校則のせいで、

「日本人は黒髪でいることが正しい」

という考えが蔓延している気がします。

 

"高校デビュー"や"大学デビュー"として髪の毛を染めて自分を変えた気になる人が多く見られますね。

縛られていた学生時代があるから、髪の毛を染めることが始まりの一歩と思っちゃうのかなー、なんて感じます。

 

髪を染めるって、そんなに大きく何かが変わることではないはずです!

もちろん、自分が理想とする容姿、なりたい姿に近づける努力としてはとても効果的な方法です。

ただ、ファッションを季節や好みで変えるような感覚でいいと思うんですよね。

そんなに大それたことと捉えなくていいはずだと私は思います。

 

保育士のヘアカラー

保育園では、就業規則としてドレスコードが定まっているところは、ほぼ無いと思います。

 

暗黙の了解として、先輩の姿からやっていい領域を感じ取る方がほとんどでしょう。

 

しかーし!!保育士さん!

やりたい髪型やっちゃおう!

 

「子どもが髪の毛染めたいって言ったらどうするの?」

こんな事学校で言われませんでしたか?

 

大丈夫です。子どもはとても賢い。

先生が髪の毛染めてて、自分も染めたいって言う子どもはいません。

 

むしろ、

「大人になったら髪の毛染めるんだ〜」

と、分別つけて認識しているもんんです。

 

また、ヘアカラーしている保育士さんってわりと多いんですよね。

保護者の方も、特に気にしません。

 

外見よりも、子どもへの接し方や保育室の清潔さ、整理整頓できているかなどが最も重視されます

自分が可愛いと思う姿でいる方が、自信を持った笑顔で接することができ、より好感も持たれますよ◎

 

営業職のヘアカラー

私が過去に就いていたのは、新規開拓営業でした。

この時の会社に女性営業マンがいないこともあって、髪の毛を染めることに踏み切れなかったんですよね。

 

営業先や異業種交流会でたくさんの方と接する機会がありましたが、ヘアカラーしている方もたくさんいます。

顔立ちにもよりますが黒髪だと、とっつきにくく感じられることも多いようです。

 

私自身が童顔だったということもあり、飛び込み営業の時は特に舐められていましたねー。

 

営業先の相手がどこに好感を持つかは様々ですが、取り引きを獲得するのに必要なのは信頼と安心です

やりたい髪型とヘアカラーで自分に自信を持った方が必ず相手の心を掴めます◎

 

大切なのは自然さと清潔感

ここまで私はヘアカラー推奨としています。

ただこれは、あくまでも「髪の毛を染めたい」と思う方の背中を押すための文章です。

 

今はダークカラーもとてもお洒落で、日本人の顔立ちやファッションにもよく合うでしょう。

ちなみに、私も今はアッシュベースのダークカラーです。

 

ヘアカラーをしたいと思う方へおススメする理由としては、

自分のしたい事を

我慢しないでほしい。

これに尽きます。

 

やりたい事ができないのを職場のせいにすると、その気持ちが表情や仕事にも現れてしまいます。

その気持ちが解消できるなら、ヘアカラーだってやっちゃいましょう!

自分が理想とする姿に近づけられれば、自然と自信がついて仕事も捗ります!

 

大切なのは、自分に似合っていて自然であるか。

また、清潔感があり好感が持てるか。

 

この2点を押さえてお洒落も楽しみながら働きましょう^^★