はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

【転職の悩み】親や恋人の反対や心配

f:id:hansplife:20191207150825j:image

転職をしたいと思う方が悩むこと。

親や恋人の反対や心配

転職をする中で、周囲から理解を得るということはなかな難しいことです。

 

わたし自身、過去に7回も転職しました。

その経験から感じたことや、周りの方とうまく付き合いながら転職を行う方法をご紹介します。

 

 

 

仕事は自分のもの

まず、仕事について改めて考えてみましょう。

 

仕事は人生の大半の時間を占めるもの。

生きていく上で必要なお金を稼ぐ手段。

また、仕事は人生の目標や夢という方も多くいるでしょう。

これだけ重要な事柄ですから、どう働きながら生きていくかは、しっかりと決断する必要があります。

このブログで何度もお伝えしていますが、

長い人生の中で目的や目標が変わることは自然なことです。

今の環境や状況を変えたいと思ったり、新しいことに挑戦したいと思って転職をすることはとても前向きなことだと言えます。

 

しかし、転職はリスクもつきもの。

周囲の人が心配に思ったり反対をすることは理解できますね。

 

ただ、周りが反対するからと言って流されていいものではありません。

一度しかない自分の人生、本当に進みたい道を決断しませんか?

 

周囲に認めてもらう方法

転職は自分が行うものですが、周りの理解を得て心のサポートをしてもらう方が自信を持って行動できます。

わたしが転職を経験する中で、実際に効果的だと感じた方法をご紹介します!

何が心配なのか受け止める

ここが一番重要!

反対している人、心配している人とよく話しましょう。

その上で、何を心配に思っているのかを聞きましょう。

 

もしかしたら、あなたの説明不足な点があるかもしれません。

また、自分でも考えていなかったような不安要素が出てくるかもしれません。

 

自分の気持ちを理解してもらおうと思ったら、まずは相手の気持ちを受け止めることが必要です。

何に対しても共通しますが、よく話して思っていることをすり合わせることが、相手の不安を和らげる一歩となります。

転職計画を伝える

相手の反対意見や不安な点を聞いたらあなたの転職計画を伝えましょう。

転職をする上で、どういった計画を立てているか伝えることで、相手にもより具体的に転職をするあなたのイメージが湧きます。

 

転職をする方は、誰だってポジティブなイメージを持って行動します。

より良い未来にするための転職ですからね!

そのポジティブなイメージが共有できれば、きっとわかってもらえます。

分かり合わなくてもいい

これは最終手段です。

ここまで真摯に向き合っても分かってくれない方も中にはいるでしょう。

恐らくその方は、転職自体に悪いイメージを持っているか、あなたに寄り添おうという気持ちを持つことが難しいのだと思います。

 

そういった方に、分かってもらおうとするのを諦めるというのも方法です。

今は分かってもらえなくても、転職後にあなたがうまくいっていれば、その方も認めざるを得ません。

それでもいいんです。

大切なのは、やりたいと思ったことを諦めないことです。

 

ブレない気持ちを持つ

ここまで読まれた方は「単純なことじゃーん」と思われたでしょう。

その単純なことを、面倒くさく感じ、反対されるがまま転職を諦める方がいるのが現実なんです。

 

わたしは7回転職をする中で、失敗したと感じることもありましたが、結果として自分のキャリアを変え、その都度目的を掴むことができました。

転職をしなければ、歩むことができなかった人生に、今はとっても満足しています。

失敗をすることはあっても、諦めなければ再スタートを切ることはできます。

周囲の方の意見を参考にするのは大切ですが、自分の芯がブレないよう、目的を掴みませんか◎