はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

はんすぷらいふ

ゲゲゲの鬼太郎が深い…残酷だが教育にいいアニメ⁉part②

f:id:hansplife:20191208111322j:image

以前も、今のゲゲゲの鬼太郎が現実的過ぎて残酷なんだけど、深いな~と見入ってしまったことをご紹介しました。

www.hansplife.work

それからも、ハマってしまったこのアニメ。

今日もまた考えさせられたので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

今日の妖怪は

今回のゲゲゲの鬼太郎に出てきた妖怪は

「外国人労働者チンさん」

 

設定がもう、現代的だよ・・・。

外国人って。労働者って。

色々びっくりだよ・・・・。

 

と、あんぐりしていると、またまた残酷な展開に。

日本に夢見るチンさん

貧しい村で育った南方妖怪のチンさん。

村の仲間が楽チンな生活を送れるように、豊かな日本に夢を持ち出稼ぎにやってきます。

 

ですが!

日本に降り立ったチンさんは早速捕まっちゃいます。

だって、全裸だから~~~~~><><><

そこに鬼太郎がタオルを持って現れ、チンさんを助けてくれます。

チンさんは必死に仕事先を探し、やっとのこと採用された職場でなんとも辛い目に・・・・。

外国人差別を受ける妖怪

チンさんの職場では日本人と外国人労働者が入り混じっています。

チンさんはとっても真面目に働くんですが、日本人労働者たちは、外国人労働者を差別するんです。

 

定時で帰っていいはずが、外国人労働者へは残業を強いる。

しっかり働いたはずなのに、低賃金。

 

チンさんは鬼太郎に「アイツらヒドイ!」と相談します。

しかし鬼太郎は冷静に

「仕事を変えるか言う事を聞くしかない」

と答え、チンさんは落胆。

 

しかし、その帰り道に犬山まなちゃんから優しさを受け取り、頑張ろうと思い直します。

チンさん大爆発

心を一新し頑張っているところ、職場の外国人労働者仲間が体調不良で倒れます。

やっぱりここでも、日本人たちは助けてくれません。

 

このことをキッカケにチンさんの怒りは大爆発!!

とうとう腰のタオルも外して全裸で襲い掛かるチンさん!

それがSNSにアップされ、気づいた猫娘と鬼太郎たちは職場に駆け付け

ます。

鬼太郎が説得するものの、チンさんは気持ちが収まりません。

 

そこに現れたまなちゃん。

「自分がされたからって、同じことをするのは違う。

 わたしはあなたの友達だから」

と心に訴えかけ、チンさんは思い直し、事なきを得ました。 

 

選択して生きる

わたしがまず「おおっ」と感じたのは、中盤の鬼太郎の言葉です。

職場で差別を受けて辛い気持ちを鬼太郎に相談した時に

「仕事を変えるか言う事を聞くしかない」

 とチンさんに伝えたこと。

 

外国人労働者だけではなく、職場内いじめは多くあるのが現状です。

もちろん、いじめは良くない。

しかし、その職場で働き続けるかどうかは自分が選択すること

 

同情も、何かの解決をしようともせず、冷静にこの選択を伝えた鬼太郎はごもっともだな、と感じました。

いじめや差別をする人が絶対的に悪いんですが、仕事はその職場だけではありません。

今回のチンさんは、外国人労働者だと働ける環境が限られるってことで仕事を変える選択はできなかったようですね。

 

わたしは、反発するのも良いことだと思います。

暴力はダメ、絶対!ですけど。

自分でその職場を変えられるなら、勇気を出してやるべきです。

でも、変わらない職場に期待し続けたり、不満を言い続けるのは不毛です。

 

嫌だ、と思う環境はぜひ転職で変えていきましょう。

それが、あなたの心を守る勇気ある行動です。

 

寄り添う気持ち

目玉おやじが呟いてました。

「世界中が少しでもみんなに

 寄り添おうとする気持ちがあれば」

 

本当にそうだな。

みんな、幼い頃に親や先生から道徳的なことを習っても、忘れるんですね。

なんでなのかな。

 

今回の鬼太郎は、まなちゃんのおかげもあり、チンさんが笑顔で去ったのでホッとしました。

現実の世界でも、まなちゃんのような寄り添いの気持ちが笑顔の連鎖を生んでいければいいですよね。

 

大人が見てもギクッとさせられるゲゲゲの鬼太郎。

今日の回で、ぜひあなたも、寄り添いの気持ちを考えてみませんか◎