はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

はんすぷらいふ

【忘年会行きたくない】ここが改善すれば忘年会スルーしない

f:id:hansplife:20191211112446j:image

忘年会シーズンですね。

わたしは、今年

忘年会スルー」しました◎

 

気の合う友人や家族との忘年会は別として、会社の忘年会となると何故こんなに気が重たくなるのでしょう。

会社の飲み会に行きたくない社員が増えていると言われている中、「ここが改善すれば行きたくなる!」という点を考えてみました。

もし他に気づいた改善点があれば、ぜひ教えてください!!

 

 

 

忘年会スルーとは

そもそも、忘年会スルーとは、

言葉のごとく「忘年会をスルーする」ということ。

つまり、忘年会を欠席するという意味ですね。

この言葉が普及しているということは、それだけ忘年会に行きたくない、という人が多いということでしょう。

 

ここが改善すれば行きたい

わたしは過去に7回転職を経験しているので、色んな会社の飲み会の在り方を見てきました。

その中で、「こんな飲み会なら参加するする~!」と前のめりになったこともあります。

その経験も含めて、一般的な会社の飲み会で改善してほしいことをご紹介します!

 

会費0円

進んで行う飲み会でもないのに、会費に5000円や6000円も払うなんてイヤですよね。

わたしが以前勤めていた会社で、年中通して、会社の飲み会代は0というところがありました。

手出しがないというだけで、参加する心持ちが全然変わります!

タダで美味しいものが食べられて、思う存分飲めるんですからね!

会社の意向で忘年会などの飲み会を開催するんであれば、会費は0円にするべきだと思います。

幹事が外注

飲み会の何が大変って、幹事などの事務作業です。

普段の仕事で精一杯の中、司会などの準備をして打合せをして・・・

なんてやってられません!

規模が大きい会社であれば、なおさら幹事業務は外注に任せるべきです。

ただ参加するだけ、ということであれば、気持ちも楽に飲み会に出席することができます。

業務時間内に飲み会

わたしは経験したことがありませんが、オフィスビル内のお隣の会社が、年末最終営業日に「大掃除をしてそのまま夕方に忘年会」をしていました。

これは本当に羨ましかったですね~。

社員みなさん、家のこともあるわけですから、そんな簡単に夜の予定を空けるわけにはいきません。

また、業務時間内であれば、多少は「仕方なくても出席するか」という気持ちになります。

会社が飲み会に出席してほしい、と思うのならば、勤務時間外に強制参加させるなんてありえませんよね。

お酒なしのランチ会

 こちらも実際に経験したことがあるものです。

女性が多い会社であった時に、お昼時間にランチ会が行われていました。

お酒が飲めない方や、飲み会の場を好まない方にはすごくいいと思います。

また、午後の仕事に間に合うように切り上げる、という時間制限もついているのでメリハリをつけて参加しやすいですね。

 

行きたくなければスルーでOK

色々とご紹介しましたが、改善されたとしても行きたくない環境の職場というのはあると思います。

もちろん、行きたくなければ「忘年会スルー」でOKです!

飲み会に行けない理由だって、様々あります。

行くか行かないかを、自由に選択する風潮がもっと広がるためにも、意思表示はぜひ行っていきましょう。

 

また、飲み会に行きたくないけど、行かざるをえない空気で困っている方。

よければ、飲み会を乗り切る方法もお読みください^^

www.hansplife.work