はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

【派遣社員】期間限定も悪くない?

 f:id:hansplife:20191220121330j:image

働き方を考えたり、仕事を探す時に、派遣社員で働く選択肢を取り入れてみませんか?

仕事と向き合う上での、あなたへのヒントをご紹介します。

 

 

派遣社員で働くということ

現在では一般的となっている雇用形態の派遣社員。

わたし自身、派遣社員として働いたことも、派遣会社の営業担当として働いたこともあります。

そういった経験から、派遣社員のメリット、デメリットをお伝えします。

【メリット】

期間限定

派遣社員は、原則的に働く期間が決まっています。

短期期間だけ人員を確保したいから派遣社員を使う、という意図の企業が主です。

また、派遣法という法律でも「派遣期間は最長で3年※同じ場所で働く場合」と決まっています。

他にやりたいことがある方や、家族の転勤などで長くは働けない方にとっては都合のいい働き方となります。

 

また、正社員として働きたいけど、何をしたいか決まっていない方にもオススメです。

漠然と就職活動をしても、なかなかすぐには決まりません。

そんな時に、一時的な働き口として派遣社員は効率的な手段となります。

営業担当が間に入ってくれる

派遣社員として働く時は、必ず派遣会社を通して仕事をします。

そのため、働くにあたっての希望なども全て派遣会社の営業担当が相手企業に伝えます。

働く条件を自分で直接交渉しなくていいのはかなり気が楽ですね。

他にも、派遣社員として働いている最中にトラブルや悩みがあった場合も、気軽に相談することができます。

他の仕事の紹介に繋がる

派遣会社は様々な企業と繋がっているため、今勤めている派遣の仕事が期間を満了しても、うまくいけば次の仕事を紹介してくれます。

あなたが、今すぐに希望の働き先が見つからなくても、一時的に派遣社員として働く中で、希望の働き先を派遣会社が見つけてくれる可能性があります。

 

また、派遣会社から紹介される場合「紹介予定派遣」というものもあります。

これは、相手先の企業で直接の雇用を前提とした派遣です。

派遣社員として働き、派遣会社からの信頼も得れば、そういった紹介をしてくれることも大いに期待できます。

【デメリット】

仕事が終了する不安

一番大きいのは、派遣期間が満了することへの不安ですね。

派遣社員として働く期間の間に次の仕事が見つかれば全く問題ありませんが、必ずしもタイミングよく見つかるとは限りません。

この仕事が終了する不安がついて回ることは覚悟が必要です。

人間関係の構築

派遣社員となると、期間が限定されることから、人間関係の構築はあっさりしたものとなります。

もちろん、すぐに社員さんたちと仲良くなることがありますが、期間を満了するとその関係性は終わるため、寂しさを感じる人もいるかもしれません。

ただ、これは反対に考えればメリットにもなります!

ちょっとめんどくさいな~、と思う人間関係も、一定期間で終了できるんです。

そのように考えると、悪くはないですね。

 

派遣期間をうまく使う

メリットもデメリットもご紹介しましたが、大切なのは、あなたが働く上で何を重視するかという事です。

社会的に不安定な印象を与えている派遣社員ですが、目的やライフスタイルによってはとても好都合なものとなります。

 

わたし自身、派遣社員として半年間だけという条件で働いたことがあります。

転職に失敗し、これからどうしよう、と悩んでいた時でした。

幸いなことに、派遣先は楽しく、その期間にうまく次の就職先を見つけることができたので、とってもいい期間となりました。

就職活動もお金を必要とするので、一定期間だけ働くことができたのはとても有難かったです。

 

派遣会社は、様々な働きたい人を応援する会社です。

もし迷うことがあれば、一度ぜひ派遣会社に相談してみてください。

思わぬ道が開けることがあります^^