はんすぷらいふ

はんどすぷりんぐしながら進む、わたしの毎日◎ 保育士から異業種へ転職した経験/目的を掴むための人生の歩みについて綴っています☆°

はんすぷらいふ

生まれてくる子の性別どっちがいい?【妊娠レポ】

f:id:hansplife:20200513145801p:plain

「生まれてくる子は男と女どっちがいい?」

よく聞く会話じゃないでしょうか。

この話題について、SNS上でちょっとした論争を目撃したので考えてみました。

 

 

 

SNS上で目撃した論争

きっかけは、妊婦さんによるたわいもないつぶやき。

「あーあ、男の子だった」

 

妊婦検診で性別が男の子と分かったものの、希望していたのは女の子だったようです。

その気持ちがつぶやきに出たようでした。

これを見た方が様々な反応を示します。

 

「そんなこと言って生まれてくる子がかわいそう」

「男の子だって可愛い」

「私も女の子を希望していたけど男の子だった」

 

批判的な内容もあり驚きました。

冒頭にも書いたように、性別がどっちがいいかというのはよく耳にする会話だったからです。

 

女の子を希望する気持ちも分かる

だって、同性だもの!色々よくわかるじゃん!

という気持ちで女の子を希望される方が多いのではないでしょうか。

妊婦さんは皆さん女性ですからね。

体のつくりはもちろんのこと、思春期の心の移り変わりも予想がつきやすいです。

 

それに、お母さんとランチをしたり買い物に行ったりと楽しい想像をしやすいのではないでしょうか。

わたしも、母と二人で出かけるということは弟たちより多くあったと思います。

反抗期も、女の子より男の子の方が難しそうなイメージがあったりしますしね。

 

  • 成長の見通しが立ちやすいから
  • 大きくなっても味方になってくれそうだから

そういった理由で女の子を希望するのは自然なことだと感じます。

 

だけど、わたし自身はその逆の想いでした。

 

わたしは女の子の子育てが不安

「我が子が女の子だったらうまくやっていけるか不安」

この思いは結婚前から持っていました。

 

理由は「母親との関係性がうまくいっていないから」なんです。

 

思い返せば、ずっと母親に気を使っていました。

‘‘毒親‘‘といえばそうなのかもしれません。

感謝もたくさんありますが、近くにいると衝突します。

大人になってひとり暮らしを始めたことで、関係性は丸くなってきました。

それでも、過去の記憶は消えません。

本心をなかなか言えず、窮屈な思いでいっぱいだった。

いい子でいるのに疲れ、思春期は反抗しまくり荒れていました。

そんな子ども時代を経験したからか、我が子が女の子だった場合に不安を感じます。

 

保育士時代に見た子どもたち

わたしは新卒から3年間保育士として働いていました。

(↓保育士について書いた記事はこちらです↓)

www.hansplife.work

がむしゃらに目の前のことをこなすのに必死だった3年間。

母親になろうとする今、保育士時代のことをよく思い出します。

 

確かに、男の子と女の子では発達の違いがあります。

一概にはいえませんが、どちらかといえば女の子の方が精神的に発達するのが早かったと感じます。

お手伝いをしてくれたり、お友だちと上手に付き合ったりと行動にも表れていました。

だからといって男の子が遅れているというわけではありません。

きちんと年齢にそった発達が男の子にもみられます。

運動面では、男の子の方ができることが増えるのは早かったこともあります。

 

小さな違いはありましたが、どちらも変わらずかわいくてたまりませんでした。

それに、男女の性別は関係なく子どもひとりひとりに個性があり性格も異なります。

 

大人の目線で勝手に性別で分けてしまっているけど、大差ないのではないか。

そんな風にも思います。

 

性別で捉えず、ひとりの子として見る

わたし自身の過去のトラウマはなかなか払拭できません。

だけど、母親とわたしが違う人間であるように、我が子とわたしも違う人間。

性別はどちらであれ、上手くいくこともあれば、上手くいかないことだってあるはずです。

 

また、わたしがこの不安をポロっとSNS上で呟いた際、温かい言葉をかけてもらいました。

「お母さんとの経験があるからこそ出来ることもある」

その言葉を見て、ああそうだな、と目から鱗でした。

わたしが辛かったこと、理不尽だと感じていたことをふまえて子どもに接すればいいんです。

わたしだからこそ、何に対して、辛く理不尽さを感じるのかよく分かるはず。

だったら、同じことを繰り返さなければいい。

 

単純なことですが、過去の辛かったことばかりに目を向けて考えられていないことでした。

深く考えないようにしていた事柄でしたが、今回のSNSのつぶやきをキッカケに向き合ってみて良かった。

 

 

現在わたしは15週を迎えたところ。

早ければ次の検診で性別の予想がつくかもしれません。

今の段階で、自分の気持ちにきちんと整理がつきました。

男の子だって女の子だって、元気に生まれてくれればそれでいい。

実際はどの妊婦さんも同じように考えているはずです。

 

小さなことでも、自分の気持ちに向き合って考えてみるとスッキリします。

もし何か気になることがあれば、一度ゆっくり考えてみませんか?

 

\\ ポチっと押していただくと励みになります //

    にほんブログ村 マタニティーブログへにほんブログ村

      ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村